2017年5月19日金曜日

YOKOMO YRX12_007




以前にアルミ材から
ボール盤で穴開けして自作した
ダンパースタンド。

一度に2台分(8本)
ダンパーメンテナンスが出来る。

余った材料を半分に切断したので
自宅用と持って行く用で2個ある



最近、DDカーの使用頻度が多く
デフのメンテナンスの頻度も比例して多いので

スタンドの穴を1か所
6.5㎜のドリルで拡大した
(6.35が無かった)



こんな風にシャフトを突き刺し
デフのメンテナンスが容易に成った♪

ダンパー穴にデフボールが落ちるか否か?
ヒヤヒヤしながらの作業。(;´∀`)



んで、YRXのデフメンテツイデに
イロイロとチェック



ロアブレースが曲がってるのか?
ガラス板の上でカタカタする??




分解し、ガラス板の上でASSYで組み直したら
キチンと治った




フロント側

度重なる高速真横壁ドンで
チョイ、狂いが有った風味なので修正



何度組み直しても
左右の「差」が消えない

今までスプリングテンションをパツパツだったので
気が付きませんでしたが

左右のスプリングテンションの差が大きい

やっぱ、模型のバネって
何処のモノも個体差が有りますね。



その他、イロイロとチェック。

ステアリングクランクが低く
ステアリングタイロッドが「ソの字」に成ってる



エンドボールを
BD7系に使ってる首下長いのに交換し

ベルクランクポストの下に
2.0㎜のシム入れて
水平になる様に調整

サーボからのタイロッドも水平に近く成って
左右の切れ角の「癖」も低減されるハズ




ESCのコード
ダンパー横を這わせると
ピッチング側の動きの妨げに成るんで
ダンパー下に移動

線はKAWADAのJIRO~から
アキュバンスのモノに交換
(JIROが品切れだったので)



なんか走りそう!




P/S


DAYZさんで
1/12ユーザーさんが旧モデル使って
30.5TのDDクラスでチキチキしてる。

「箱ボディ」ってんで
手持ち在庫を漁ってたら

25年ぐらい前の
イーグル模型:ポルシェ934が出て来た

流石、昔のヤツ
表面に保護ニビールが無い


チナミニ、定価¥980円

昔の1/12ってボディ千円ぐらいだったんですよね。


・・・・・・・つづく




0 件のコメント:

コメントを投稿