2017年1月18日水曜日

Toe Measurement




SQUARE RMS で1/12を再発しましたが

どうも「トー角」が気に成る。

目で見て、適当にトー角合わせ

走らせ初めると、絶対に狂ってて
プロポのトリムで合わせてる。




ツーリングカー用は、G-FORCEのが有る

コレを買ってから

コースイン後にトリムをプロポで合わせた経験が無い
キッチリ合わせると、キッチリ真っ直ぐ走る。

なんだけど

1/12に兼用できない




HUDYの検索したら

トテツモナイお値段( ゚Д゚)

タミヤのソコソコなキットより高額!




ヨコモとか京商とかのも有るみたいで
お値段はHUDYの1/3で良いんだけど

ネット検索する限り、売ってる姿が無い。

イワユル「無いじゃん!」ってヤツ。


今すぐHUDYの買うのも金銭的都合が付きませんので...




先日、ebiさんから貰った
ヨコモのフロントホイール。

直径:37mm/半径:18.5㎜、
実走タイヤが平均で42mmとして半径20.5㎜




G-FORCEのセッティングシステム
(ツーリングカー用)

底面から高さ32.5㎜





無い知恵絞って図面を書く




機械を使って
図面から、アクリル板に興す




一応、ゲージなので
ホイールの振れをチェック



端面をサンディングして荒らす




アクリル板に瞬間接着剤で接着




オフセットした位置に4mmのネジを立てる





1/12 SQUARE RMS




車体に取り付けてみる

タイヤ径:41mmで設定なので軸高:20.5㎜




車軸からオフセットした4mmのネジ
軸高:32.5㎜




G-FORCEのセッティングシステム
(ツーリングカー用)

コレを取付ける



実際のクルマの車軸と
セッティングシステムの軸がオフセットしてて
しかもアクリル板をプラスチックのホイールに接着してあるので
「キャンバー」はあまり信用してない。




問題はトー角

前回走らせた状態のまま
プロポのトリムをセンターにすると

右が-1.0度、左が+0.5度、

そりゃ、真っ直ぐ走りません。




トーアウト



目盛目視で0.8度ぐらいに合わせた

コレは現地で実際に合わせ
実走しないと結果は解りませんね


んで



キャンバー



1.0度に合わせて
セッティングシステム外し

素のホイールで測ると
確かに1.0度に成ってた

案外、正確かも?


¥17500円お小遣いが貯まるまで
カッチョ悪いけどコレを使います。




P/S


てきとうレーシングさんと話してて
車重の話してて

そう言えば
自分のクルマの車重測って無かった




ボディ載せで758g

サブC4セル時代のJMRCAの規定って800gだっけ?
880gだった気がするけど?


まぁ、なんせ
コレが重いのか?軽いのか?
良く解りません

ボディをシューグーで補強しまくってるんで
多分、重いでしょう。


・・・・・・・・・・・・つづく


P/S
昔、とあるレースで
普段、シューグーやメッシュで補強し
割れた処をガムテープで補強したボディ
コレを練習で使ってて

本番に何も補強してない軽量ボディ使ったら
ヘロヘロで走れなかった。

ヤケクソでボディを練習用に戻したら
スンゲェ良く走った

ボディの重さで車が適度にロールして
タイヤに面圧掛かってグリップしたんでしょね

軽けりゃイイってもんでも無い。


0 件のコメント:

コメントを投稿