2017年11月21日火曜日

KAWADA M500WGT-X_09



土曜の夜ちゃれDDで遊んだM500WGT-X




レースが終わって
バタバタと片付けたので
タイヤも付けっ放し処か

バッテリーも載せっぱなし




134さんとチキチキしつつ
軽自動車みたいな12を含浸のブロックし
戦った「傷」がスゲェ

実車のナスカーとか
レース後にこうなってて
カッチョいいよね

なんかアレっぽい



コースで無い処もズイブン走った様で



シャーシ裏にパイロンに乗りあげた汚れが



散々メチャクチャしたけど
何処も壊れて無い

流石☆技術と信頼の川田模型さん♪



フロント:54.5、リア:55.5から始めたタイヤ
(同KAWADA社製:Lラバー)

減ってるのもすべて1mm以下

一番右のを134さんに貸して
奴が5~6回走ったけど
0.7mmぐらいしか減って無い

非常にリーズナブルなのもイイ



1つ、オモシロク無いのがピッチングダンパー

M500WGT-Xには
SV10みたいなダンパーが付いてるんだけど

車高とリバウンドを微妙な調節したい時
全長の調節しようと
ロッドエンドを伸ばしたりすると
スプリングのテンションが変わってしまう。

リバウンド大目で
ダンパー長を長く設定して
スプリングテンションを調節しようと
クリクリ廻して伸ばした場合

ダンパー全長の下一杯までネジがきてしまい
バネが脱線しそうに成ってる


上下が普通にボールエンドに成ってて
スプリングテンション関係なく
ネジで長さ調節出来ると良いんだけどな...



残骸の箱から
YOKOMO YRF001W
ダンパー持ってきた

コイツはエンドの長さ調節で
スプリングテンションに関係なく
全長調節が出来る

んだけど

なんか、見栄えがカッチョワルイ

性能も良さそうでは無い




先日、サススペーサーのパーツ買ったので

フロントアッパーアームのエンドが余ってた

コイツにヨコモBD7のダンパー用ボールを挿入




M300の予備車から

ビックボアってか
ノーマルより細く成るんだけどね



上下(前後)のエンドがネジ式なので
緩めたり締めたりすると
ダンパーの全長が簡単に調節できる

ヨコモのエンドボール使ったのは
対角3mmのレンチで脱着が容易に成る為

KAWADA純正はマイナス頭で
若干、整備性が悪いのでヨコモを使用




軽く整備し
アライメントチェックして
チョットオモシロイ事に気が付くけど
完全分解しないと成らないので
次回に続く....







2017年11月20日月曜日

KAWADA M500WGT-X_08





1/12 M300のオマケで出場のツモリだけど
前日入りしてセットしたりして
微妙にカツってるM500


前夜に練習&セットしてるので
特に弄る事も無いけど

夜ちゃれGTが参加人数が足らず不成立で
GTに出るツモリだった134さん
急遽、M500をレンタルでDDクラスに出るので

レース直前に一緒に走る事に


Best Lap: 9.438
Ave Lap: 10.664
LAP 029  05:09.608

昨晩同様
調子良い感じ...だと思う


ってか、数時間前にクルマを借りて来て
一緒のペースで走れる134がスゲェ!
10歳若いと10歳適応能力が上ですね。


とりあえず、1/12が忙しいので
1/10DDはこのまま何もせず行く事に


DAYZさんの30.5TDDクラスは

同一モーターで
1/12と1/10が混走。

当然軽さと機敏性を生かし
1/12が有利なので

一緒に走るけど
1/12と1/10でクラス別けするとの事

実車のGT300とGT500の違いですね
コッチはデカイ方が遅いけど...(*´Д`)


そんな訳でDDクラス30.5Tの予選は
1/12と1/10が分けられてスタート





予選1回目

ほんの30分前の練習では
スイスイ走ってたのに...

ステア当てた途端にゴロゴロ転がる

急激に路面グリップが上がって
フロントタイヤが引っかかる

ってか、自分だけではなく
走ってる全員がそんな感じ

コースマーシャルがアッチコッチで忙しい
(スミマセン)

とりあえず
走り出したら何も出来ないので
スローインで
ユックリステアリング当てて
超絶安全運転で走るも
油断すると即座にゴロゴロ転がる


世間でいう処の「ハイサイド」なので


ハイサイド対策
「樺吉ボンド」の登場

要するにハケ塗りの瞬間接着剤

遠く関東のサーキットでは
ハイグリップでハイサイドしマクリなので
コレが必需品との事、

ライバル樺吉からの情報なので
奴の名を取って「樺吉ボンド」

コレをフロントタイヤのサイド部分に塗りマクル

全周にくまなく塗り終えた後

「破線を書く様に塗ると良いよ」
「でないと、ドアンダーに成るじゃんね!」

・・・・とか、天の声

塗る前に言ってくれよ!ヾ(*`Д´*)ノ"


そんな予選2回目

今度はドカッ!っと奥まで突っ込んで
ステアをガツン!っと入れても
全くハイサイドしない♪

天の声の通り
微妙なアンダーステア

部分的にコーナーの入り口でブレーキ使う

30.5Tの非力なモーターで
1/10の重い車体では
車速が落ち過ぎるんで
出来ればブレーキ使いた無いんだけど

コレは仕方ない。


同じく予選3回目も良い塩梅


そして決勝

1/10と1/12の混走なので
出走車7台中の3台が1/10

予選5番手からスタート

アカラサマに1/12の方が速い

しかも1/10クラスでも
CRCの人がヤタラ速い

出走前に重量測ったら
M500WGTよりもCRCの方がかなり軽かった

コレはヤヴァイかも?

っと思ったら
知らんウチにCRCの人が居なく成った
??

とりあえず
1/12に先に出られると
絶対に巻き返すチャンスは無いので
超絶ブロック走法

大きさも重さもコッチが上なので
当たっても負ける気がしねぇ!

そう思って
後ろから迫るebiちゃんのXRAYをブロックしたら
内側に入られて下からまくられてしまう

アレなので

コーナリング中のクルマって
内側の荷重が軽いんで
「ポン!」っと突き上げられると
軽く転がるんですね。(*´з`)


っと、今度は前方に
レンタルカーで参加の134が見える

Lap的には微妙に自分の方が速い気がするけど
奴と2台で連なって
邪魔邪魔走行したら

後の1/12は抜けないハズ

134とは散々GTでランデブー走行したんで
奴との波長は合うハズ

ココは134を追い抜かず
ドリ車の追走の如く、2台でチキチキ走法




ただ単に1/12の邪魔しただけ



DD30.5T 1/10クラス優勝

何かの競技で優勝したの初めてかも?

しかもKAWADA M500WGT-Xも
デビュー・トゥー・ウィン!だもんね



M500ってさ

基本、DDのPANカーなので
1/12やF1でやる事やるとキチンと反応するし
1/12みたいにピクピクカツカツでも無い

箱ボディなのでF1よりダウンフォースが高いし

タイヤもそもそも元が安いシートタイヤなのに加え
走らせてもほとんど減らない
ホイールも再利用できるし

なんか、どっ楽しい♪


・・・・・・・つづく


2017年11月19日日曜日

KAWADA M300_030






2か月ぶり、DAYZ夜ちゃれに出て来た

ここ最近、DAYZさんの路面グリップが上がって
上がった分、単純にクルマの操縦が楽に成ると思いきや
逆にクルマのアンバランスな処が見え隠れ

初期反応ピクピクをナントカしようと思うと
ドクソアンダーで曲がらず?

フロントで曲げようとすると
リアが浮き始めてオーバーステアってか
片巻したり?

そのサジ加減が良く解らん風味


とりあえず
先週のままのセットで1パック目

R1
Best Lap: 8.446
Ave Lap: 9.883
LAP 031  05:06.375

ドクソアンダーでクソ曲がらん!

曲がらないのは
フロントが仕事して無くて曲がらんのか?

リアが食いすぎで曲がらんのか?

ムリクリステアリング切って
ブレーキ使って曲げてるんで
後半にリアのグリップが弱く成り
丁度良く成って来た処で

今度はリアタイヤがタレて流れ出す

完全に路面のグリップが良く
フロントが追いつかない感じ


フロントホイールの内側に入れた
0.5mmのシムを取り外し
フロントをナローにしてロールを多くしてやる


R2
Best Lap: 8.102
Ave Lap: 9.088
LAP 033  04:59.895

コレは良い感じに曲がる

LAP 010  01:40.249  22.212
LAP 013  02:07.887  10.356

途中で大きくミスって
アベレージは良くないけど
大体、8秒5以前で走ってる




ココで新たなライバル出現!

チリトリとか言う人
ベストラップがピタリと一致


しかしその後....


チリトリさんが1番時計を刻み

天井人へ...

流石に速い人の周りには
人だかりができますが

彼にセッティングを聞いたり
クルマを見てもらう人は1人も居ませんでした
(((((((;´∀`)


やはり、
自分の永遠のライバルは「樺吉」だけの様です。



それはさておき

自分の走行してるクルマを脇で見てた人から

「立ち上がりがキツそうだ」

そう言われて、そう言えばそうです。

コーナー出口で
プッシュアンダーっぽいんで
スロットルを探り探り開けてる


ピッチングダンパーの前取付
1.5mm下げ
ダンパーを前ナナメに取付


R3
Best Lap: 8.302
Ave Lap: 9.274
LAP 033  05:06.047

出口は良くなったけど
今度は侵入でフロントに荷重が掛かり過ぎるのか?
初期で不安定さが見え隠れする

一気に1.5mmは下げ過ぎだった様なので
1.0mm足して、
最初の状態から「0.5mm下げ」にしてやる


R4
Best Lap: 8.185
Ave Lap: 9.013
LAP 023  03:27.302


レース時間が近づいて
1/12の走行台数が多く混雑してたんで
途中で降りたけど

クルマは良い方向に向いてきた。


レース前
モーターをプルトニュウムから
トリオンに交換

指数は低めの75ぐらい


予選1回目

途中の混乱に突っ込んでしまい
リアの動きがオカシイんで途中退場

戻ってチェックすると
リアのリンクがカタカタしてる

単純にボールシートをガチ絞めしてったので
ソレがズレて戻らなかった様子

進入時に不安定さが残るけど
ボールシートはソコソコ動く様にセット


予選2回目

DDクラス30.5Tの直後だったので
1/10と1/12の挙動の差に脳が付いて行かず
終始不安定な走り

WGTより反応が良いので
ピクついてビビッてステアすると
ドアンダー...

コレを繰り返す



予選3回目

誰かと絡んだと思うんだけど
スパーギヤが死亡して途中離脱

(*´Д`)

なんか、マトモに走れてないまま
Bメイン5番手


決勝は.....


ソコソコ自分なりに良いペースで走ってたけど

3分過ぎにマトモにパイロンジャンプして
真正面から高速壁ドン!

完全にモーターがズレて
ギアと全く嚙み合わず
前にも後ろにも進まない...

(*´Д`)

しかし、ベストラップ8.052とか
自己ベスト更新してるっぽい

なんか?やれば出来るのかも知れません?


反省を込めて次回に続きます....


2017年11月18日土曜日

KAWADA M500WGT-X_07




M500WGT-X用のタイヤ造ったので
タイヤの皮むきを兼ね
金曜の夜、仕事が終わった後でDAYZさんへ



車体は特に何も変更無し
ボールシートの動きと
アライメントチェックしたのみ

新品タイヤ
KAWADA Lラバー35度

グリップ剤は今まで指定だったTC2+

外側に9mmのマスキングテープ貼って
約2/3幅塗り


R1
Best Lap: 9.641
Ave Lap: 10.041
LAP 030  05:01.335

平日の夜なので
自分以外に走ってるクルマが無く
コースはクリアな状態

故に、グリップが若干低い感じ

アンダーなのは相変わらず
アンダーを予測して速めにステアリング切るので
切り損じて内側のパイロンにポコポコ乗る




ココで今週新発売の

DAYZのOya店長さんが
度重なるテストの上に開発したグリップ剤

すでに数週間前から
試供品が有ったので
何度か使ってましたが

複数台のクルマが
このグリップ剤使って走ってると
路面そもそものグリップが良く成って

TC2+使った時の効果が解らなかった


クルマのセットはそのまま

タイヤは新品の2セット目
1本目と全く同じ条件で
グリップ剤のみ変更してみる


R2
Best Lap: 9.377
Ave Lap: 9.711
LAP 031  05:00.915

ベストも上がったし
アベレージも上がった♪

コレは絶対的なタイヤグリップがUPしてる証拠

アンダーが消えたとは言わないけど
クルマが1本目より言う事効くので
ミスも少なく成ってるっぽい


チナミニ、
FUNNY GRIPには
塗布用のポンポンが付いて無い


別途、ハケなり筆が必要

DAYZ店長さん曰く
「タミヤの筆がオススメ」
との事なので、筆も買って来た

DAYZ店頭にはグリップ剤と共に筆も売ってる




ただね、この筆

こうやって置いておくと
コロコロ転がるじゃん、

先端の「毛」の部分はグリップ剤でベタベタだし!

ヾ(*`Д´*)ノ"



反対部分を□四角□に削ってやった

コレで転がらん。

コレは中学生の時
美術の松本先生が教えてくれた技



そしてFUNNY GRIPは
「子供の手の届かない処へ....」
なので、
小学生のカズキは使えません
(((笑


FUNNY GRIPの効果も解ったので

もう1個テスト


指数:90 ぐらいから



指数:85 まで落として見る


重ねて
チョイ、アンダーなので
グリップ剤の塗り幅
9mmのマスキングテープで2/3としてた処
6mmのマスキングテープに変更

ほぼ、全塗りっぽいけど
外側の角は残す感じ

イメージとしては
角に瞬間流し込んで、全塗りした様な感じ


タイヤは交換せず
新品から2パック目の使用とする


R3
Best Lap: 9.316 (3)
Ave Lap: 9.674
LAP 032  05:09.466


グリップ剤の塗り幅は
適度な感じなので
思った様に曲がってる感じが有る

もうチョット曲がっても良いかも??


指数は90の時より
85の方が立ち上がりがイイ感じがする

1/12の30.5Tの時って
指数を87ぐらいまで落とすと
途端にド遅く成るけど
そんな感じはありません

しかし
LAP 003  00:28.408  9.316 
LAP 004  00:37.998  9.590
LAP 005  00:47.426  9.428
LAP 006  00:57.065  9.639
LAP 007  01:06.594  9.529
LAP 008  01:15.934  9.340
LAP 019  03:01.515  9.599
LAP 020  03:11.127  9.612
LAP 021  03:21.002  9.875
LAP 022  03:30.743  9.741
LAP 023  03:40.444  9.701
LAP 024  03:50.071  9.627
LAP 025  03:59.746  9.675
LAP 026  04:09.626  9.880
LAP 027  04:20.460  10.834
LAP 028  04:30.215  9.755
LAP 029  04:40.043  9.828
LAP 030  04:49.756  9.713
LAP 031  04:59.720  9.964
LAP 032  05:09.466  9.746

↑な感じで

最初は9秒3とか出るんだけど
3分過ぎぐらいから
徐々にタイムが落ち始めてる

曲がりが悪い?とか
そんな感じは無いので
単純にタレて車速が落ちてるんだと思う


1/10は重量が有るので
もっと指数が低くてもイイのかも知れません?



誰も居ないので1番時計



もう1歩な処が有るけど...

まぁ、良いか(*´з`)


・・・・・・・つづく







2017年11月17日金曜日

KAWADA M500WGT-X_06



カワダさんのシートタイヤ
貼り合わせて1晩置いて




ホイールに接着




前回より
リアが2mmぐらい幅が狭いのは
気のせい?



ってか


フロント:56.83



リア:56.14

リアの方が小さいし!( ゚Д゚)??



処で、1/12では
TNレーシングからタイヤスタンドが売ってる
(TN-967B)

アレ、凄く便利なんだけど

WGTサイズのタイヤは付かず
無論、WGTサイズのは売って無いっぽい?





丁度良く仕事で使った
電極の感電防止カバー造った端材

三菱レイヨン製
(現:三菱ケミカル)

ウチのすぐ近所
地産地消ですね




ケガキを入れて穴開けとカット

間隔は60mmピッチ




コレマタ、電機部品
プリント基板とかを支えたりするポスト
アレを何個か重ねてスタットポストにした




M4サイズ:対角7mmでは
フロントホイールの穴にピッタリ過ぎる

「スーっ」っと入らず
「キューっ」って感じ
「ググググー」って感じだと
ベアリング穴を傷つけてしまうのでNG

「キューッ」でも良いんだけど
「スコン!」っと入って欲しいので



ポストを若干細く削った




ソレっぽいのが出来た

WGTのタイヤは4セットしか無いので
このままジップロックに突っ込んで
サーキットに持って行く


チナミニ
こうやってスタンドに立てて気が付く

リアタイヤに対し
フロントタイヤの幅が半分しか無い

だもんでWGTって終始アンダーなんですね??




・・・・・・・つづく




2017年11月16日木曜日

KAWADA M500WGT-X_05




そう言えば日曜日
M300FX4に使ってるモーターから
ピニオンギヤが外れなく成った

単純にイモネジがナメただけだけど
あんな小さなネジ1個で
¥12.000円のモーターが使えなく成った

ドリルでネジ飛ばしても良いんだけど
鉄粉がモーター内に入りそうなので
エキストラクターで取り外した。


怪しいな?っと思ったら
即座にネジ交換した方が良いですね




本題のM500WGT-X


巣組のメカ積み状態
(タイヤ・バッテリー・ボディ無し)

601g


同じモーター
同じバッテリーの1/12に対抗すべく



チタンビス買って来た

1袋4本で¥200円

ソレを15袋使用
(若干数本余り有り)

¥3.000円でどれだけ軽量化するのか?




フロントのM4ネジは



事前にチタンビスに交換済み
今回はその他のM3ビスを交換




DDカーはネジ本数少ないので
あまり効果無さそう?



サイドリンクと
ボールシート止めるM3X5皿ネジ5本は
緩みやすい箇所なので純正の鉄のまま




外した鉄ビス=26g

ナニが失敗って
組み込む前のチタンビスの重量測るの忘れた





交換後:589g

たった12gの軽量化。(*´Д`)

意味が有ったのか?....が謎





週末のレースに出るんなら
タイヤが必要と思い
もう1袋(2セット)買って来た

前回同様、カワダのLラバー/シートタイヤ

「切って・貼って・輪っかにするだけ」

って、

「電線を切って繋ぐだけ」の電機屋の仕事と同じ


カンタンに言うけど
言う程簡単では無い


しかし
メンドクサイ事が楽しかったりする。


・・・・・・・つづく