2015年7月30日木曜日

YRF001W_29


YRF001W


DAYZさんのコースが青色カーペットで
レイトンハウスカラーでは保護色なので

ボディを変えてみた


ってか、

F-102のマクラーレンを移植しただけ





F102と違い
YRF001Wはアッパーアームが稼働するので
干渉部分を切り刻み





リアも干渉部分をカット


ツイデニ

貰った白いウイングに交換







そんな塩梅で・・・




中古車を入手し
約3か月経過しつつあります


巷では

「壊れる」

とか、

「マトモニ走らない」

とか、聞きますし

実際に走らせてても

「ソレ?走る?」

なんて言われる事も有ります


又、自分以外に使ってる人
見た事がありません。

公園サーキットに来る方で
持ってる方は居ます






自分はソコソコ凸凹で
ホコリっぽい荒れた路面のコースで遊んでますが
ソコソコ良い感じに走ってます♪



無論、最初からバーバー走った訳でも無いですし
ズイブンと苦労もしました。


クルマってのは
地面に接地してる部分が
4本のタイヤしか有りません


4本のタイヤのグリップ以上の事はできません。

なので、路面に見合ったタイヤを探す事が
99%大事な事です。


ただ、前後4本共
バチバチにグリップするタイヤで良いのか?
って訳でも無く

フロントの路面追従性が良く

リアのグリップが軽いYRF001Wでは
前後のバランスが非常に大事です


YRF001Wではクリンクルンのマキマキで
直線もマトモに走らないタイヤを

タミヤ・F102に付けたら
何事も無かった様に普通に走りました
って、逆にアンダー気味でした。


それぐらいフロントが勝ってるって言うか
リアが軽いクルマなので




バッテリーをショートリポとして
オプションのベルクランクステアリングを装着

ほんのチョット、1mmでも荷重がリアに行く様に
(フロントを軽くする様)

又、リアアクスルも同様の目的で
オプションのスチールアクスルを使用してます


又、中古車だったんで
ロールダンパーが壊れてたので

仕方なし、タミヤのロールダンパーを使ってますが

逆に単純構造で
グリスの硬さとか簡単に変えれ
こちらの方が断然扱い易い。

本当は
良いんだけど・・・

フリクションダンパーは
結構硬めのグリスを塗布

グリスはタミヤのOP176ハードを使用し

グリスの塗布量で硬さを調節してます。






フロント周り


スポンジタイヤで走行するんで

タイヤ径がどんどん小さく成って行きますし
セッティングの範囲として
タイヤ径も変える事が有るんで

車高調節がし易い様


ノーマルのボールコネクト式ロア・アーム、
フレックスサスのロアアームのセンターを切断し

キングピン側には
キングピン&スプリングをセット




フレックスサス用の調整ネジを締めこんで
車高を調節

締めこむと車高が高く成り

緩めると車高が下がります


ロアアームの下側は


最初はリバウンドストッパーのネジで調節してましたが
上下のネジで挟み込む様に締めるのが難しいのと

メンドクサイので

下側にはスプリングを4か所に挿入

上側のネジを締めるとスプリングが縮み
緩めるとスプリングが延びてロアアームを押し上げる仕組



この方法が故か?



世間でよく聞く
ロッドエンドが破損する件






フェンスにオモイッキシぶつけて
1mぐらい飛びましたが
フロントアームは全く無傷

ある程度、バネで逃げるんで
壊れにくいのかも知れません




この車高調仕様の場合


車高を弄ると当然
ロアアームの角度が変わるんで

毎回、キャンバーを調整する必要が有りますし


もっと厳密な事を言えば
ロアアームとアッパーアームの角度が変わるので
ロールセンター位置も変化してると思います


極端に小さなタイヤから
極端に大きなタイヤに交換し
車高を可変させた場合

なんらかの影響が出てるでしょうが?

タイヤ径の違いの差の方が大きいハズなので
操縦してる人間的には
気が付かないだけなのかも知れません?


チナミニ、
キャンバーは0.5度程度を基本にしてます

荷重が掛かってサスがボトムすると
キャンバーが付く構造に成ってるんで
あまり大きなキャンバーを付けると
コーナー入り口で失速感が有ります。





ナックルの位置はインライン

トレール4度も試しましたが
切り込み過ぎで扱いにくいんで
インラインにしてます



キングピンを固定するイモネジは有りません

ただ単に
弄ってる時につけ忘れ

もう片方は締め忘れて
無く成ったただけですが、

無い方が自由度が高いのか
調子が良いです。

コレも自分のYRFが壊れにくい理由なのかも?






フロントスプリングはミディアム
(シルバー)

ソフト(ブラック)だと柔らかすぎで
初期反応ピクピクで扱えず。


オーバーステアを解消の為
ハード(ゴールド)も試しましたが

凸凹の多い路面でピョンピョン跳ねて
非常に扱いにくいんで

現状、ミディアムを使い

スプリングの下に
0.5㎜程のシムを挿入してます。

コレはミディアムとハードの
中間程度の硬さにしたかったのと

リバウンドを0.5mm程度にしたかったので
シムを入れて調整してます。







リアの車高は
フロントよりも低く成らない程度に調整

リアのハイトアダプターが2種類しか無いので
微調整が難しいですが

ピッチングダンパーのアジャストナットの位置で
微妙な車高の調整をしてます







現状、比較的小さなタイヤを使ってるんで
ハイトアダプターは一番高い位置、

スパーは95丁

特に理由は有りません
手持ちでたまたま95丁が有っただけ

ただ、ハイトアダプターを一番低い位置にした状態で
ロアブレースよりもスパーが出ないモノを使います

写真で見る限り

95丁よりも大きなスパーでも大丈夫そうですので
次回は100丁を使ってみようと思ってます

これもタマタマ手持ちで100丁が有るのと

スパー÷ピニオンでのギア比

同じギア比でも
スパーとピニオンが大きいモノ同志の方が速い

なんて理論があるっぽい

円径で接地面が緩いので
ロスが少ない為か?

理由は良くわかりません?

昔、PRO10が流行った時に
125丁なんてスパーがアタリマエでしたが

聞いた話では
「送り駒数が多い方がロスが少ない」
・・・の様な事を言ってました?


同じ理論で
実車のバイクでの話

モンキーって小さなバイク
ロングスイングアームを組み込んで
チェーンを長くすると

送り駒数(チェーンの駒数)が多く成るんで
ロスが少なく、速く成る。

なんてのを言ってたバイク屋さんが居ました。


話戻しますが、

20年ぐらい前に
タミヤのF-1でタミヤグランプリに出た時

同じギア比でもピニオンが大きい方が速い

・・・って、前ちゃんが言ってました。








スパー95丁固定で
(交換がメンドクサイので)

状況に合わせ、ピニオンを交換してます

1人でカツカツで走る時には
指数65~70ぐらいで

タミチャレの皆さんと混走の時には
指数40~ぐらいで走ってます


写真で気が付くかも知れませんが

アクスルシャフトに片側4mmのシムを入れて
トータルで8mm程、ワイドトレッド化してます。

単にリアのグリップ確保も有りますが

手持ちのピニオンギアが
1/12やってた時のKAWADA製で

カワダのピニオンが首下が長く
ネジが締めれないので

アクスルにカラーを入れ
スパーの位置をオフセットして
ピニオンのイモネジを確実に絞める様にしてます

ワイドトレッド化は
ピニオン付けにくいが故の副産物です


モーターはヨコモ・ブラシレス ZERO 25.5T




コントローラはYOKOMO BL-RS3

イワユル「ブラシレスコンボ」って奴で

専用プログラマーを持ってるんで
必然的にコントローラがヨコモに成ってます


実はモーター的にも
取付スペース的にも

BL-SP3の方が良かった!

なんて後悔もしてます

**無論、値段的にも**




タイミングは”0で使用

以前はタイミングを上げたりもしましたが
今の処、パワーを上げるには
ギア比(指数)で調整して上げてます

ブレーキの設定は全て10
ただしニュートラルブレーキは使って無いです。






以上、弄ってる処はそんな処でしょうか?



アッカーマンがイロイロ変えれる箇所
コレを1度も試した事が無いので

次回、重点的に弄ってみようと思います。




・・・・・・・・・・つづく

FF-03_17


TAMIYA FF-03



公園サーキットで
KAWADAのスーパータフスパーギアに
見事に小石が噛んで終わったので

取り急ぎ
YRF001W用のスパーを装着

何故かこのギアだと
小石が噛まない

プラスチックの硬さの問題?










スパーギアの取付を変えて
無限に大きなピニオンが使えるので

ギア比表を見直し








スパーギアを買ってきた

64ピッチでは小石が噛み易いので
今度は48ピッチ

んで、パナレーサーのギアにした

コレならば
SDで実績有るんで大丈夫でしょう








もう一度
スパーの取付は・・・

キット付属のスパーギアを
ボール用の穴、外周部分をニッパーでサクサク切って
リングに加工し







その上にスパーを取付

外側にオフセットして
ピニオンギアの取付を
表裏逆にしてやるって塩梅



手持ちのピニオンギア
48ピッチの最大が35丁なので

自作のギア比表から拾って
65丁のスパーを取付け

パナレーサーのラインナップで
一番小さいみたい。









モーターマウントから
スパーまでの距離:10mm
(((自分の覚え書き))








純正のギアカバー

ピニオン裏返したけど
干渉しないのか確認

手で回して見た処
大丈夫っぽい














せっかく塗ったのに
没になったオペルベクトラ


ホイールアーチが狭いので
思いっきりタイヤが干渉し

ボディが低く付けられない








これぐらい低いと
カッチョいいし
空気抵抗も少ないんだけどね


フェンダーをヒートガンで炙って
押し広げようとしたけど

塗料がニャラニャラに成っただけだった

((((汁


モッタイナ!!!










2015年7月29日水曜日

FF-03_16


TAMIYA FF-03


公園サーキット


イロイロ弄ったんで
イロイロ試してみる


ボディは従来のCR-Z
タイヤ:タミヤGP-A(前後共)
ダンパーOIL:#450(前後共)
スプリング:F-ブルー、R-イエロー
キャンバー:1.5度(前後共)
トー角:Fアウト1度、Rイン2.5度
車高:F6mm、R6.5mm
リバウンド:F1mm、R2㎜

モーター:ヨコモブラシレス21.5T
ギア比:90/44 5.318:1




1本目


ベストラップ:21.91



アベレージ:22.56
トータル:22Lap 8min16sec53


特に問題なく良く走る

ギアのノイズも流石64ピッチ、静か



特に問題ないので
コレを比較対象として





ボディのみ
新しく買ったオペルベクトラにしてみる






幅が狭いので
タイヤハウスにタイヤがカツカツ

ボディを下げるとタイヤが干渉するので
ボディを低く出来ない

逆にCR-Zよりも全高が高い



オペルボディで2本目


ベスト:22.36




アベレージ:24.10




トータル:20Lap 8min02sec09






オペルのボディ...


全般的に安定感が少ない

アンダーって訳でも無いですが
コーナーで頭の入りも悪い

後半は小さく周って行ける。


・・・っと、

リアが細かく跳ねてる。

後付けのOPのリアウイングが大きすぎなのか?

チョット直線が長いと
リアがダウンフォースで押され
ピコピコしてるっぽい動き




リアウイングをOPの物から
オペル純正のチープな物に交換

¥800円無駄だったか?



3本目
ベスト:21.74
アベレージ:22.52
トータル:22Lap 8min15sec57



頭の入りが悪いんで
ブレーキ使って初期反応を強くする

イワユル、タックインって奴


リアウイングもあまり関係ないっぽい

相変わらずピコピコしてるし



この周回、
タミチャレ仕様のUGT装着車と一緒に走ったら
((FF-03PRO))

若干、ストレートが遅いっぽい


ギア比を90/45T 5.2:1とする



っと、


フロントタイヤが限界っぽい

そりゃ、発進加速
ブレーキ、操舵

全ての仕事をフロントなので
フロントが異様に摩耗するのアタリマエですね








新品のGP-Aをリアに入れ
あまり減って無いリアをフロントに入れる

イワユル「順送り」

コレはタミチャレマスターのK師匠の指示





4本目
ベスト:21.88
アベレージ:22.74
トータル:22Lap 8min20sec37

フロントタイヤが良く成った分
頭の入りは良く成りましたが
CR-Zの比では無い


相変わらずタイムが悪い

操縦し難い訳では無いですが
なんか動きが悪い・・・


っと、ストレートが未だUGTよりも遅い
もうチョットギア比を上げたいんですが

64ピッチ-45丁が
FF-03の限界のピニオンギア


なので・・・





もう使わない?
タミヤ純正スパーギアをサクサク切り出し
スペーサーにして




スパーギアをオフセット





ピニオンギアを逆向きに取付

コレで無限大に大きなピニオンが使える!


スパー90丁/ピニオン47丁 ギア比4.98:1



っと


オペルのボディ....

やっぱ、ダメっすね!

なんのメリットも無い

(*´Д`)

ボディをCR-Zに戻す



5本目
ベスト:22.50
アベレージ:22.86
トータル:22Lap 8min23sec04




やはり、
オペルのボディが腐ってたっぽい

ってか、CR-Zのボディが超絶イイ♪



ココで悲しいお知らせ

スーパータフを謳い文句に売ってた
KAWADAのスパーギア

小石が噛んでご臨終 (-人-)


まぁ、条件の悪いコースですし
小石が噛み易いFFなので
スーパータフも仕方ないですね。


ATLASのピニオンだったんで
胸倉掴み合いの喧嘩だったんでしょかね??



そんな訳で
又、YRF用の64ピッチ93丁に
ピニオン49丁、ギア比 4.93:1



それと、
リアがピョンピョン跳ねる件

ボディをCR-Zにしたけど
若干、跳ねてるっぽい。

今まで気が付かなかったのか?
今日は特別跳ねるのか??

リアにスタビを入れ

スプリングを1段柔らかくしてみた


6本目



ベスト:21.84




アベレージ:21.94




トータル:22Lap 8min02sec82



この日はココでTime-UP


結果、オペルのボディは
3千円無駄使いしただけっぽい

だったら3千円でタイヤ買った方が良かった

(*´Д`)

まぁ、餌と仕掛け買って
釣りに行くも
ボラしか掛からんかった的な感じですね


しかし、
急遽思い付きで
ギア比は無限に追い込み掛けれる事解ったし

荒れた公園サーキットでは
64ピッチでは無く48ピッチがおススメなのも解りました



収穫は微かに有りました




・・・・・・・・・・つづく

SD SPORTS-63


YOKOMO SD-SPORT


公園サーキット


遅ラジ化とか
タミチャレ仕様とか
チョイ、語弊が有りますので

ほんぐうストちゃれ仕様とします
(以下、ストチャレ仕様)


*チナミニ*

①モーター:タミヤTBLM-01(16T)・02S(15.5T) *KV2530以下
  ESC:タミヤTBLE-01S・02S・03S
  ギヤ比:プラシャーシ=上限6.6 板シャーシ=上限6.8
        (TT-01:6.56)(TT-02:68T-27T=6.55まで) (M=上限6.0)

②モーター:JMRCA公認17.5Tブラシレス *KV2800以下
  ESC:各社ノンブースト&ゼロタイミングの物
  ギヤ比:プラシャーシ=上限7.2 板シャーシ=上限7.4(M=上限6.8)




上記パワー系で
SDはバスタブシャーシだけど
速度差が出ない様にギア比=7.4:1とする

タイヤ:KAWADA KM-G36(前後)
FダンパーOIL#350
RダンパーOIL#400
スプリング:ブルー(前後共)
Fアンチロールバー:1.2㎜
Rアンチロールバー:1mm
キャンバー:2度(前後共)
F:トーアウト1度、Rトーイン3度
車高:F5.5㎜、リバウンド2㎜
車高:R6mm、リバウンド3mm


1本目


ベストラップ:21.48


アベレージラップ:21.97


トータル:22Lap 8min03sec54

もうチョットで23周入った
コレは人間の問題なので
セットはそのまま

集中し操縦し


2本目


ベストラップ:21.32


アベレージ:21.77


トータル:23Lap 8min20sec74


クルマのセットと
人間の準備が出来たので



タイヤをタミチャレラジアルに変更



3本目


ベスト:21.59


アベレージ:22.52



トータル:22lap 8min15sec58


中古のラジアルで
相当山が減ってるので
確かにグリップ悪い

しかし、アンダーとかオーバーでは無く
前後共、全体的に横滑りしてる感じで
扱えないレベルでは無い




ココから・・・


公園サーキット定例
チキチキバトルレース


4本目
ベスト:22.56
アベレージ:23.04
トータル:21Lap 8min04sec02

グリットが先頭だったので
スタートの混乱にも巻き込まれず

そのまま8分間逃げ切り


しかし、ズルしてる人が多いので
若干の速度差有り

どんどん追い付かれ

8分経過した処で追突されスピン


真面目にタミチャレ仕様の一男くんは
半周程皆さんより遅れてます。






チナミニ
クルマの方は

回数を重ねるごとに
タイヤのグリップが落ちてる感じ



そして・・・


5本目
ベスト:22.08
アベレージ:23.24
トータル:21Lap 8min02sec60

今度はスタートの混乱避ける為
最後尾からスタート

タイヤのグリップが落ちてる気がしますが
タイムはさほど悪くない。

先頭逃げ切りで
ドキドキしながら走るよりも
後方追い上げの方が
精神的に集中できる様です。




最後に


一男くんとチキチキバトルの予定が

一男くんが調子悪かったみたい





5本目
ベスト:21.92
アベレージ:23.14
トータル:21Lap 8min06sec07


最後はタイヤの限界か?
途中でコントロールし難く成ってた。

一男くんも同様


TB-04は右巻き・左アンダーに成るとの事

試しに一男くんのTB04に
自分のKM-G36貸して走ったら
バチバチグリップして超絶な走りしてた

「俺の求めてたのはこういうモノだ」

一男くんが申してました



遅い車は遅い車なりに
キチンとセッティングが必要ですし

操縦も1ミスで大きく他車と差が開き
挽回するのに時間も掛かる


キチンとセッティングして
集中してドライブしないと成りません。


コレはコレで面白い!!




・・・・・・・・・・つづく