2017年4月24日月曜日

BD7.8-2016.5_82



1/12始めて
速ツーはもう多分やらないので
(オカネガマワリマセン))


手持ちのLTC-Rで
KAZUKIカラーのNewバージョン考えつつ

下地塗装が乾く合間に



自分のBD7.8-2016.5をメンテナンス

4月に続き5月も20日にレースが有るけど
多分、12やF1やって触らないと思うので
事前にやっておく



完全分解し
サスピンをガラス板の上で転がして
曲がりのチェック

各駆動部のベアリングもスルスル回るかチェック


チナミニ、フルメンテの時
(何回かに1回ですが)

自分はネジを全部取り替える

昔、「なんか変だ?」って思った時
ネジを全部取り替えたら「シャキっ」っとして
蘇った経験が有ります

多分、微妙にネジが曲がってるとか
何処かが微妙に緩んでるとか
そんなのが理由だと思うけど

1本1本チェックするのメンドクサイし
増し締めだけじゃなんとなく信用出来んし

なんせ
メーカーから「ネジセット」ってが出てるって事は
自分の様に「ネジ総取替え」ってのを
やってる人が居るのかも知れません。





先日、自作の治具を友人にあげたので
その使い方を兼ねてUPします



フロントの後ろと、リアの前
(↑ヤヤコシィ)
セパレートのサスマウントは
勝手に付けると左右チグハグに成るので
治具の角を当てて真っ直ぐに矯正




こんな風に押さえつけてネジ締めると
キッチリ平行が出る



サスマウントが付いたら
治具に開いてるネジ穴



モーターマウントの穴と



サーボマウントの穴がピタリと合うんで

ココにネジを締めこんで
シャーシに治具を固定する


チナミニ、BD系とTRF系は
サーボの取付が似たような位置で似た感じなので
TRF41ナンチャラにもこの治具が使えます



シャーシに治具を固定し
セッティングボードの上でソリをチェックし



前後左右のバルクを取付
この時点ではネジは半締め




お母さんがお洗濯に使う大きな洗濯ばさみ
布団とか掴む奴でイイかも

100均で3個100円でした

コレでバルクを固定

同じく100均で売ってる



目玉クリップ2個で片側づつ掴んでもOK

この状態で裏返して
ネジをガチ絞め



治具使うと



キッチりバルクの間が22mmに成る

コレでストレス無くデフがスルスルに回る




無理なく無駄なく
分解した逆手順で組み立てて完成

ダンパーは事前にやっとくと自重で漏れるので
走らせる当日の朝にメンテします




外したネジは捨てずに
小箱に入れて取って置く

なんかの拍子にネジを無くした時の予備と
誰かが「ネジくれ!」って言った時
中古なら惜しみなくタダであげれるんで!(笑



...........つづく



2017年4月20日木曜日

XRAY X1 _003




前回DAYZさんで
1/12の合間にチラリと走らせたんだけど
余りに塩梅が悪かったんで

速攻走るの辞めたXRAY X1

タミヤのタイヤを
そのままだとグリップ低く

グリップ剤使うと
ピクピクハイサイド





Newタイヤ買って来た


近くて遠い川田模型


フロント:Lラバーハード



リア:Lラバー普通のヤツ


イーグル模型のシルバーと並んで
30年ぐらい前から定番タイヤ

ナローF1って
元々、ゴムタイヤ設計なので
ホイールギリギリのタイヤの厚みとか
(小径タイヤ)は脚の構造上、無理が有る

だったら
ゴム系の硬いタイヤで..って
安易な考え



KAWADAさんと言えば「金」でしょ!

スポンジタイヤは袋から出すと
何のタイヤか?解らんく成るので

使うホイールの色で区別




処で、

ゴムタイヤ用で設計されたクルマ

当然スポンジだと
タイヤの重量が変わるんで
バネ下荷重も変わるので

ソレに合わせたセッティングが必要。

・・・そう、
ほんぐうの神様からお告げが有った



ライドのゴムタイヤ

余談だけど、このタイヤ
ホイールバランサーに掛けたら
モノスンゴい、フルフルなんだけど...

気に成って新品のをチェックしたら
同じくフルフル...

ホイールが悪いのか?
タイヤが悪いのか?

コントロールタイヤって意味でか?

お客をバカにしてますね?



タイヤ直径+重量測ってみた
フロント:30~31g
リア:40~41g


続いて


DETAH師匠に貰ったZENのタイヤ&ホイール



およそゴムタイヤと同じ直径
フロント:27~28g、リア:28g

フロントはそーでも無いけど
リアがソコソコ軽い




タミヤ F104用
イワユル「Aタイヤ」のセット



フロントだけゴムタイヤに近く削った
フロント:23g、リア:28~29g

スポンジ系(Hラバー系)で
パサパサからか?
フロントは重量がZENに比べ5g程軽い
リアはZENと同じ重量





今回買ったKAWADA Lラバー
貼っただけで削って無い



フロントがゴムにくらべ1.5㎜程大きい

重量は
フロント:23g、リア28g
流石、未使用なのでピタリと左右の重量が同じ


ライド・フロント:31g、リア:41g
   ZEN・フロント:28g、リア:28g
タミヤ・フロント:23g、リア:29g
カワダ・フロント:23g、リア:28g

ライド・ゴムタイヤに比べ
フロントはZEN=3g、その他=8g
リアは12~13g軽い

リアの13gは大きいですね

バネ下が軽く成るのと、

タイヤ接地圧がソレだけ下がる。


車高とピッチングのセッティングで
アンチスクワット効果を上手く使った方が
良い結果が得られると思われる。




....ムムム、又課題が出来た。




・・・・・・・つづく


2017年4月19日水曜日

SQUARE RMS-Z_21


*おぼえがき*


モーターをプルトニュウムに交換した
RMS-Z

処でこの21.5Tモーターって
大半が1/12に使われると思うけど

だったらこの付属のセンサーケーブルって
短いですよね?




磁力が強力に成って
ブレーキが利き杉なので
PCでブレーキフィーリングの変更

現地にPC持って行くのメンドクサイので
事前に調整



チョット
アッカーマンを調整しようと弄ってたけど

RMS-Zって、設計が古いからか
良い処で取るの難しい。



っと、ダミーでホイール付ける様に
いい塩梅のナットを見つけた

塩梅が良い♪




先日、DAYZさんで
ハカリの上に1/12置いて測ってた人が居たんで

続けざまに自分のRMS-Zを置いたら

60~70g程
他社製の最新モデルより重い


車体重量って
クルマの運動性能に大きな差がでる、

コーナー1個で0.1sec遅いと
コーナー10個でトータル1.0sec遅くなる。


腕でが付いて行かない分
クルマでナントカしないと


・・・・・・・つづく